30’s フランス セルロイドのゾウのブローチ

1930年代フランスで流行したフレンチアイボリーのゾウのブローチ。濃い色の背景にのせると柄が浮かび上がってきれいです。

フレンチアイボリーとは、象牙のような乳白色のセルロイドの別名です。
真鍮のような色のメタル(特定できません)が、フィルグリーというレースのような文様かたどられ、その中にゾウが埋め込まれていて、まるで小さな額縁の絵のようです。

軽いので、薄手の素材でも垂れ下がらず、使いやすいブローチです。

経年による汚れや金属の変色はありますが、フランスのビンテージ独特の外れにくいピンの構造もしっかり残っており、ヴィンテージとしてとても良い状態です。

サイズ:縦2cm 横4cm
素材:セルロイド、真鍮のようなメタル
商品コード:M2058