60’sアメリカ、 サラ・コベントリー イチゴのイヤリング

アメリカの人気ブランド「サラ・コベントリー」が1967年に発表した、立体的なフロストガラスを使ったキュートなイヤリング。
ガラスにツブツブの模様や厚みがあるため、光の加減で深みのある表情を見せ、キュートな中にも大人っぽさもみられます。
イチゴのヘタ、台とクリップ部分はゴールドトーンメタルです。
ブランドネームの略、SARAH COV.の刻印がみられます。

サラ・コベントリーは、1950〜70年代ごろに人気があったブランドで、彼女自身がデザイナーだったわけではなく、オーナーのCharles H. Stuartさんの孫娘さんの名前だそうです。
お店や通販ではなく、ホームパーティなどに「ファッションダイレクター」と呼ばれる人が派遣されて販売する、という訪問販売のようなビジネス形態をとる会社のなかでは最大手だったそうで、全米の女性にとても愛されたブランドです。



素材:ガラス、ゴールドトーンメタル
サイズ:縦2.5cm、横1.8cm
目立ったダメージやキズもなく、クリップもしっかりとして、ビンテージとして新品に近い非常に良いコンディションです。

商品コード:S3519